Blog

ダイアモンドネイル通信

  • f’bloom代表ブログ
  • 2018/07/09

f'bloom研修会☆白山店にて白グラデーション特訓!


ネイルの技術で何が難しいですか???

と問われれば、

「ラインなしの白フレンチ・白グラデーション」

は、誰もが上位にあげる技術だと思います。

もちろんみんな「できる」のですが、そこに

早く・上手に・ため息がでるほど・・・

となるとそれば相当レベルの高い話になってくるからです。

でも、私たちは技術職なので、当然そこを目指し、提供していく必要があるため

f’bloomの研修の中には「基礎訓練」的な項目も準備されています。

今日はその一つ「グラデーション」。

多くのスタッフが集まり研修が開始されました。

最も苦手なカラーで・・・という投げかけに、みんな迷わず白を選択。

研修が始まるとあちこちで「できない・・難しぃ・・・」と唸るような声が聞こえ始めました。

目標時間内に収まるように1本仕上げてはチェックを受ける・・という形式だったので、緊張もあったと思いますが

Shiho先生の「これ何回で仕上げた?」という質問に

「・・・なんだかんだと6回です・・・」という答えも。

目標の回数でうまくグラデーションできなかったり、

同じ回数でグラデーションしても指によって濃さが違ったり、

一つ一つを見ていくと、同じことをしているのに仕上がりが人によって全く違く、

みな驚きの表情・・。

Shiho先生が誰かのグラデーションの修正デモを始めると、自然と全員が集まってきて

食い入るように見入る・・という光景も見られました。




デモのあとは、魔法がかかったように上手になるみんな。

何が違ったのか、よくわかったようです。

今は昔と違って、道具も便利になり、たくさんのアートのやり方が出てきたので

「簡単にできる白グラデーション!」という講座が満席になったりと

アート力を磨くセミナーが人気だと聞きます。

でも、結局は知識を総動員して自分で考える力を磨くことや

修正力をアップさせることが大切だと、研修を見ていて再確認できた気がします。

それは、Shiho 先生のデモが便利な道具を使うことなく

タッチや筆圧、筆運び、、、そして、どの濃さが正しいのか・・・

同じスタッフの道具を使って見せてくれるからわかることなのかもしれません。

「できる」だけではダメで、「どのレベルで自分できているのかを知る」ほうが重要。

そんなことが毎回実感できる研修です。

技術に関しては『今さら聞けない』と思うことが恥ずかしいとわたしは思います。

知らないことだってたくさんあるし、知ってても忘れてしまってたり、

知っててもできないことやコツがつかめ切れていないことだってたくさんあるはずだから。

それに、いつでも基礎に立ち戻ることが大切だと知っている技術者のほうが

伸びしろがあるはずなので。

みんなでできないことを認め合い、高めあっていきたいし

そんな何でも言い合える環境を作ることが会社の目標です。

誰が施術してもお客様に喜んでもらえる技術を提供できるような

そんな技術集団になるために。

ぶれない気持ちを持つ人をこれからも応援していきます。


代表 Hana

  • f’bloom代表ブログ
  • 2018/07/01

7/2は「一年の折り返しの日」


明日7/2は「一年の折り返しの日」という記念日です。

1月1日から数えても183日目、12月31日から数えても183日目となるのが7/2。

だから私は、7/1はこれから半年をどう過ごすのかということについて考える日にしています。

今日はお休みだったこともあり、

例年通り手帳を眺め、思いつくことを書き並べ、

仕事のこと、家庭のこと、私自身のことを振り返る時間をとりました。

起業してからは、休む間もなく走り続けてきた気がしますが、

最近はたくさんの素敵な出逢いがあり、

やっと自分自身のことを客観的に見ることができるようになってきました。

そして出てきた想い。

・・・・

お客様との時間や会話をもっともっと楽しみたい。

ダイヤモンドネイルをより多くの人に知ってもらえるきっかけにf'bloomがなりたい。

仕事ばかりでなく、スタッフとプライベートで飲みに行く時間が作りたい。

家庭のことも大切にし、子供と一緒の時間を作っていきたい。

・・・シンプルだけど、これが15年ネイリストをやってきて40代になった私の本音。

ワガママだけど、それができるのも今なのかなと思います。



受け身のままぼんやり幸せを願って過ごした10代。

とにかく人生を変えたくてがむしゃらに頑張った20代。

初めてのことに戸惑いながら幸福の絶頂と失態を繰り返した30代。

色々なことをやっと今振り返り、

なくしたものではなく、今あるものを見ていくことの大切さを実感し、

そして、あるものへの感謝の気持ちをしっかりもてています。

わたしはこれからなんだなと、自分自身を後押しすることができるようになりました。

だから、今まで以上に

一緒に働くスタッフにも、仕事やプライベートを大いに楽しんでもらえるように応援できたら嬉しいです。

みんなには「今の自分が好き」と笑ってほしいなと思います。

それこそが、私の元気の源だから。

そこにも気づけた7/1。

明日から原点に戻って、あと半年過ごしていきます。

皆さんにとっての折り返しの日も、素敵な日であることを願ってます。


代表 Hana  








  • f’bloom代表ブログ
  • 2018/06/28

ダイヤモンドネイルデザイン【fbook】完成しました!



「どうやったら私たちのやっているとことや、ダイヤモンドネイルについて知ってもらえるんだろう??」

と悩んでいた昨年の6月。

そうだ!みんなに直接見てもらえるようなモノを作ればいいんだ!!!

と、わたしたちはみんなでオリジナルのダイヤモンドデザインブックを作成することにしました。

製作には、f'bloomの技術指導を担ってくれているShiho先生、

白山店のMiyu店長、表参道店のHisayo店長、スタッフMomoちゃん、

デザインブックのデザイン校正を

いつもニュースレターなどでお世話になっている日生双葉マークのKuniさんに依頼し

製作にとりかかりました。



・・・そして知る現実・・・・




完成品とする美しくしい作品を作ることも

その作品の写真を撮るのも

その写真を加工するのも

その加工した写真をデザインするのも

文章を考えるのも

その文章を添削するのも

デザインブック自体の見積もりを出し、業者さんを決定するのにも・・・

何もかもとにかく時間がかかるということ。

いつも自分の手帳のTOPには

「fbook」という言葉が載っていて

頭の片隅から一時も離れることのなかった1年。

そして、ダメだと言うことに勇気がいるけれど

言わないと、結局満足したものにならないから!!!

とオニのようなダメ出しをし続けた1年。。。


長かった1年を経て、

そして

完成したのが、写真の「fbook」です。


まさか、完成までに1年もかかるとは正直思ってなかったのですが、

正に自分と見つめあいながら、葛藤した1年でもありました。

そして、みんなにとっても

これでもかというほどプレッシャーのかかった1年だったと思います。

完成した作品をみて、「良かった・・・」と自宅で呟いた時

やっと肩の荷がおりました。

完成したfbookを、先日からお客様にお渡ししていますが、その際

「すごいじゃないですか!」
「お金も時間もかかってそう笑」
「良く作る気になりましたね!」
「参考にします」
「大切にしますね」

とおっしゃって下さった皆さんのお言葉に

作ってよかったな、、と改めて思うことができました。



製作に関わってくれた関係者の皆様、本当にありがとうございました。

正しい英語を教えてくださったYurieさんにも、感謝の気持ちでいっぱいです!

みんなの1年が詰まっているfbook・・・

これから手に取る皆様には楽しんでご覧いただきたいです。


これは第一弾・・・

第二弾には、もっと多くのスタッフの作品紹介をしていきたいので、

気を抜かず次のステップに進んでいこうと思います。


代表 Hana

  • f’bloom代表ブログ
  • 2018/06/21

新橋店f'bloom Corrantil.  本日6/21リニューアルオープンしました!

以前からお知らせしておりましたが、

f'bloom新橋店「 f'bloom Corrantil. 」(エフブルームコルアンティ)

本日6/21にリニューアルオープンいたしました。




リニューアルといっても私たちの感覚は

ほぼ「開店」。


一番大切な「どんなお店にしたいか」から始まり、

店名、店舗イメージカラー、メニュー、内装全般、小物に至るまで

すべてみんなで考えました。


この1か月はみんなそわそわ・・・。

やらなくてはならないことがたくさんあり、


「あれがないーこれがないー間に合わないーーーーっ!!!」


と常にみんな頭をフル回転。

怒涛の日々はあっという間に過ぎていきました。


今日はその集大成の日。

みんなで集まって「ありがとう」を伝えあい、

そして、この一カ月を振り返りました。


みんなが

「店名のとおりお客様が心地よいと思ってもらえるお客様主体の店にしていきたい」

「自分たちでここまでできると思ってなかった。ここからだな!と気合が入った」

「一つ一つ自分たちで選んだからとても愛着がある。ここで働けることが嬉しい」

「お客様に喜んでもらえるよう今まで以上に頑張りたい!」

と笑顔で話してくれたので、

聞いていてもとても嬉しくなり、

思わず泣いてしまいそうでした。


店名は、スタッフ全員で考えた大切な名前です。

そして、たくさんの思いが詰まっています。

とてもとても小さなお店ですが、心地の良い空間を目指してのリニューアルですので、

引き続きご愛顧いただけると嬉しいです!


どうぞよろしくお願いいたします!


代表 Hana



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[名前の由来]
Gentil ジャンティ(親切、素敵、可愛い、優しい、思いやりがある)
Cordialement コルディアルモン(心を込めて)
この二つの言葉を合わせた店名です。
⭐︎いつでも心を込めて、お客様を素敵に可愛くしたい。
⭐︎優しい思いでくつろぎの空間を作りたい。
⭐︎気持ちの余裕がない時も指先を見てふと肩の力を抜いてもらえるようなネイルをお届けしたい。
…そんな思いを店名に込めました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



左からRika、Keiko、Akemiです。

どうぞよろしくお願いします!

MENU(タップすると開きます)